虫歯はすぐ治療してくれる方がいいの?歯科衛生士は何人いる?

虫歯治療の方針を知って選ぶ

子供のころに歯医者に行くといえば虫歯の痛みが理由だったかもしれません。腹痛や頭痛はしばらくすれば治まりますが、虫歯は治まりません。治療は痛いものの、治療を受ければ何とか痛みが治まります。大人でももちろん虫歯ができ、痛みなどがあれば治療をしてもらいます。ただ、歯医者選びを間違えるとあまりよくない治療をされるときがあります。子供の歯は乳歯であればしばらくすれば抜けて永久歯が生えてきます。ですから削ったとしても問題は少ないです。しかし大人の歯はほとんど永久歯で、削れば元には戻りません。最近は虫歯は状態によっては削らない治療もあるようです。歯医者を選ぶとき、虫歯をすぐ削る治療をするか、様子を見る治療かで判断すると良いかもしれません。

歯科衛生士の人数が十分いる所

歯医者さんといえば近所のクリニックが多くなります。歯科大学に付属する大きな病院もありますが、歯科のみを扱う大きな病院はそれほどありません。それぞれの歯科クリニックで規模は異なるものの、大体は歯科医が一人で運営しているところが多いようです。一般のクリニックなら医師と看護師、その他受付などが働いていますが、歯医者では歯科医師、看護師の他に歯科衛生士がいます。歯科治療ではなく、歯のクリーニングや歯磨き指導をする専門家です。歯科医師が一人の所でも歯科衛生士は複数人いるクリニックはそれなりにあります。歯医者の選び方として、歯科衛生士の数が多いところが良い時があります。分業体制が取れていて、治療前のクリーニングなども行ってもらえます。

恵比寿の歯医者では、さまざまな治療を行っています。予防歯科の診察も受け付けていますので、歯の健康を守りたい方に最適です。